簡単ベビー服の選び方

一言でベビー服と言っても、形・素材に様々な種類があります。最近ではベビー服にこだわる方が多いようなので、ベビー服の種類は一昔より多いのではないかと思います。素材は新生児に優しい物であるのはもちろんですが、手軽に洗濯できることも必須です。頻繁に着替える必要のある夏場などに、手洗いをしている余裕はありません。洗濯機で洗っても縮んだり、型崩れしにくい物でないと好まれないようです。また速乾性の製品も忙しい現代人には人気のようです。さらに洗濯機でも洗えるオーガニック素材のベビー服はとても人気のようです。形に関しても、昔はサイドを紐で止めるタイプが主流でした。最近ではマジックテープで止めるタイプも見受けられます。両タイプとも新生児にはあまり影響はなく、ただ着せる側にとっては楽なだけです。しかし紐タイプですと手足をばたつかせると、紐が緩んでベビー服がはだけてしまう事もありました。

それに対し、マジックテープのタイプだといつの間に裸になっていたという事は少ないようです。しかし、マジックテープのタイプはは若干高価です。形と共にサイズも豊富になってきています。新生児用と言えば50~60サイズが主流でしたが、近年少し小さい新生児が多く出産される傾向から、45~50サイズという少し小さい物も販売されています。特に肌着は少し大きいと肌着の意味を成しません。成長すればサイズがあってきますが、丁度良いサイズを選択できるのは良い事だと思います。色については単色ではなく、柄物も豊富になっています。いわゆるベビーカラーと言われる淡い単色の定番のものから、レオパード・花柄・水玉など色々あります。ただし、肌着に関しては未だ白色もしくは淡い単色しか見受けられません。新生児は視力がまだまだ弱いので、淡い色より原色の方が反応が良いとされていますが、日本製には少ないようです。日本人は淡い温かい感じを受ける色が昔から変わらず根強い人気があるからだと思います。価格の面に関しても未だ高級なものはありますが、最近では良い品を安価で買う環境も整ってきました。郊外型のベビー用品専門店にいけば、オリジナルブランドの良いベビー服を手に入れることができます。

ベビー服は一見、昔も今も変わっていないようですが、時代に合わせて少しずつ変化している事がわかります。忙しい現代人のライフスタイルに合わせ、不満ながらも使用するという感覚から、より利便性のある商品が登場してきています。これからも進化し続けると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*