さまざまなベビー服の種類

初めて出産を控える場合には子供に何を用意してあげればいいのかということが分からずとりあえず手当たり次第に用意してしまうという家庭を見かけることが多いですが、いざ使うという段階になったら無駄になってしまうものも多いです。無駄をできるだけ省くためには何が必要かを見極めたいですが、見極めるためにはそれがどのような場面で活躍するのかどのような役割を担っているのかを知る必要があります。ここではさまざまあるベビー服の種類について見ていきます。まずベビー服の中で新生児期から使用する肌着には短肌着と長肌着、コンビ肌着があります。まず短肌着は腰くらいの着丈の短い肌着で寝た状態で簡単に着せることができるもので、3か月ぐらいまでの基本的な肌着です。季節を問わずに使用できるます。次に長肌着は短肌着の上に着せる足まで隠れるほどの長さの肌着です。

裾が開いた状態になるので手足をバタバタ動かせるようになると使用できなくなりますし、季節によっては必要な場合もあります。それからコンビ肌着ですが長肌着のように長い肌着ですが裾部分にボタンがついており左右に分かれるようになっています。ボタンを留めずに使うこともできますし、ボタンを留めて使うこともできます。ボタンを留めればバタバタと足を動かしてもはだける心配がありませんので3か月以降の基本肌着となりますが、長肌着の代わりにコンビ肌着を用意しておいてもいいでしょう。1歳ぐらいまで使用できるベビー服の中の肌着にはボディスーツといわれるものがあります。股下まだの長さで股下にボタンがついている肌着です。活発に動くようになる時期にも赤ちゃんの動きを妨げる心配のない肌着でデザイン性に優れているものも多いので夏場などはボディスーツ1枚で過ごさせることもできます。つなぎのような形のベビー服にグレコやロンパース、カバーオールといわれるものがあります。ボディスーツにボトムが付けられたような形で、肌着の上に普段着としてかさねて着せるものです。冬用のものは足先まですっぽり覆えるものもあります。前開きになっているものは着せやすいので最初は前開きのタイプを選ぶといいでしょう。

普段着として着せることができるベビー服にはベビードレスやツーウェイオールといわれるものもあります。ベビードレスはワンピースのような足首まですっぽりと覆うことができるベビー服で新生児期から1・2か月ごろに外出の際に着せることが多いです。ツーウェイオールはベビードレスとカバーオールの機能を備えたベビー服で、裾のボタンをはずせばベビードレス、ボタンを留めればカバーオールになります。新生児期から1・2か月ごろまではベビードレス型にして使用し、足を良く動かす時期になるとカバーオールとして使用することができるのでとても便利なものです。このようにベビー服にはさまざまな種類がありますのでその特徴をよくつかみ選ぶといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です